海外旅行の保険

クレジットカード決済では、カードリーダによって自動的に信頼度がチェックされているって本当のこと?

クレジットカードというのはあなたが信頼されているのかどうかという点が重要となります。
したがって、もしあなたがクレジットカード会社からの請求を支払うのが少し遅れたとしたら、それだけで信頼度が低くなってしまうことになります。
あなたが信頼を失うような行動をするたびにその情報が記録として残るようになります。

したがって、クレジットカードを使うということは、あなたは常に信頼性を監視されている状態にあるということなのです。
これは非常に居心地の悪い状態だと思う方がいるかもしれませんが、普通にクレジットカードを使っているのであれば、何の問題もありません。
ただし、クレジットカードを使っている方は必ずしもきちんとした使い方をしているとは限らないので、あなたが信頼を失うような使い方をすればそれが記録として残ってしまうようになるのです。

したがって、あなたがどこかで買い物をする時にクレジットカードを使うと、カードリーダがあなたの信頼度をチェックすることになります。
つまり、もしあなたがあまりにも信頼度が低い状態にある場合はクレジットカードを使うことができなくなってしまうのです。
きちんとお金を支払っている大部分の方にとっては、自分の信頼度を調べられたところで問題はありません。

しかし、あなたが過去に支払いを滞納してしまったようなことがあると、それが信頼度に影響を与えてしまって、最悪の場合はあなたがクレジットカードを使うことができなくなってしまう場合もあります。
そうならないように気を付けるようにしましょう。
クレジットカードはきちんとお金を支払うことができる能力のある方しか使うことができないのです。

それは当たり前のことであり、結局クレジットカード会社が先にお金を支払ってくれているだけで、借金をしているのと同じなのです。
借金はきちんと返す必要があるので、それを怠らないようにしましょう。
無謀な買い物をするのは止めましょう。
もし滞納してしまった場合の対応はこちらのサイトhttp://www.rejn.org/Delay.htmlを参考にしてみてください。

このページの先頭へ